News

【特別展紹介・ワニトカゲの生体】

2018年2月9日

 

アクア・キンダムでは、はく製や化石だけではなく、

生きたトカゲの仲間も展示しています!

このワニトカゲくんは、オスの成体。

これよりもう少し大きく成長する予定です。
今は色が地味ですが、この種は繁殖期になると

体の横が赤くなるといわれています。
普段は川沿いの草木や岩のうえなどにいて、

昆虫やミミズ、時にはエビや魚を補食しているとされていますが

当館ではコオロギなどを餌としてあげています。


タイミングがよければ、餌を食べる瞬間が見れるかも!?

«  / 一覧に戻る /  »