News

【展示紹介・首長竜の肋骨】

2018年1月6日

北海道で見つかった首長竜の胴体部分のレプリカで肋骨が保存されています。

首長竜は約2億年前~6600万年前の海にいた爬虫類。

首の長いエラスモサウルス類では首の骨が76個(人間は7個)もある仲間もいました。

常設展示に首の長いグループのタラッソメドンを展示しています。

 

 

◆「アクア・キングダムースピノサウルスと水に還ったどうぶつたちー」◆

【開催期間】平成29年12月23日(土・祝)~平成30年2月25日(日)

【特別展入場料】大人500円、高大生300円、小中生200円

【常設展とのセット券】大人900円、高大生500円、小中生300円

 

«  / 一覧に戻る /  »