News

【ヤマトケタス】

2018年1月16日

 

北九州市若松区の約3000万年前の芦屋層群から見つかった、歯のあるヒゲクジラ類。

2012年新属新種として発表。

この仲間の初期進化を明らかにする上でたいへん重要な化石です。

口の縁に規則的に並んだ凹みに歯が生えていたのではないかと考えられています。

「ヤマトクジラ」という通称で呼ばれることもあります。

今回は、学術的に貴重なホロタイプと復元レプリカを展示します!

※ホロタイプ(完模式標本)とは、新種を発表(記載)する時の基準となる標本で、

博物館などで半永久的に保存される世界唯一の標本です。

 

 

◆「アクア・キングダムースピノサウルスと水に還ったどうぶつたちー」◆

【開催期間】平成29年12月23日(土・祝)~平成30年2月25日(日)

※12月29日(金)~1月1日(月・祝)は休館

【特別展入場料】大人500円、高大生300円、小中生200円

【常設展とのセット券】大人900円、高大生500円、小中生300円

 

«  / 一覧に戻る /  »